読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brute Force

人生は総当り戦

自宅の現行スイッチングハブについて

昨日USB給電式のギガビットスイッチングハブについて書いたが、そもそも今のハブがどんなものかを一応書いておく。

 

tetsuya-engineer.hatenablog.com

まさかの8ポートだった!

そういえばFPSPingにこだわりだした頃、何でもかんでもネットワークに接続する機器を有線にしたがる有線主義者(?)だった時に買ったもので、ポートは多いほうがいいと家電量販店で深く考えずにほぼ勢いで買ってしまったやつだった。

buffalo.jp

これの前はもっと低スペックなものを使っていて、当時の自分を殴ってでも買うのを止めるレベルだった。

10/100M 5ポート スイッチングハブ | LSW3-TX-5EPシリーズ

当時はNuro光なんて最高なISPではなく、どこぞのケーブルテレビの有線サービスでKbps単位が最高速度だったから、これでも十分なスペックではあった。ただFPS(またかよ)にはまり出してから、世間の技術向上の速度と自宅の前時代的な技術レベルに目を覚まし、今日に至るわけである。

話を戻すが、現行のスイッチングハブはもちろんギガビット対応のスイッチングハブで、8ポートもあってなんでもかんでも有線LANをつないでもへっちゃら。正直電源コンセント枯渇問題さえなければこのままでもいいぐらい最適な商品だった。

先日のコレガのUSB給電のスイッチングハブが届くまで現役でがんばってもらって、以降は保険として置いておく予定。